中国-シンガポール広州ナレッジシティ


SSGKCは、アセンダス-シンブリッジと広州開発地区(GDD)によって設立された合弁企業の、中国‐シンガポール広州ナレッジシティ投資開発有限公司による、グリーンフィールド主要開発会社です。広州市中心から北東に約35キロ、広州白雲国際空港から25キロに位置し、必ずや世界最大の沿岸経済地区となる重要な統合経済ハブである珠江デルタの中心部に戦略的に位置しています。

広東の経済変革のためのモデルまたは触媒として描かれた、123平方キロのSSGKCは、他とは異なる、活気に満ちた持続可能な都市であり、才能と知識をベースとする産業にとって非常に魅力的です。2010年における始まり以来、SSGKCは著しい進歩を遂げてきました。2018年の終わりまでに完成予定の6.27平方キロのスタートアップ地区(SUA)での基本的インフラストラクチャー工事、そして2本の地下鉄路線の開業により、当地区のアクセスと接続性は著しく発展します。さらに、SSGKCは、事業および商業用スペース、ハイエンドな居住区、そしてライフスタイル生活環境からなる統合されたビジネスパーク開発であるワンハブGKC(OneHub GKC)のフェーズ1工事が完了しています。開発の次の段階の計画は、SSGKC内の2平方キロの中国-シンガポール国際技術革新協力実証地区(実証地区)のための共同での詳細な検討をもって始動しています。

当プロジェクトを国家レベル2国間協力プロジェクトに昇格させるための2018年11月12日の中国とシンガポールの政府間の枠組み合意締結に伴い、民間主導プロジェクトを国家レベルまで高める最初の例となるため、SSGKCの重要性は引き続き増しています。 

その新たな地位の上にさらに築き上げ、また珠江デルタの成長を利用できるので、SSGKCは、地元および国際企業に機会を提供し、ダイナミックで高い価値を持つ都市部となるのにふさわしい場所にあります。

詳しくはwww.ssgkc.com をご覧ください。







国 :
中国

都市またはゾーン :
Guangzhou