中国-シンガポール吉林フードゾーン


中国-シンガポール吉林フードゾーン (SSJFZ)は、シンブリッジの中国における最新プロジェクトです。


SSJFZが目指すのは、世界最大級の持続可能な統合型フードゾーンモデルであり、中国とその地域における高品質で安全な食料生産に特化しています。政府の強力なサポートを受けた商業プロジェクトであるこのフードゾーンは、農業におけるシンガポールと中国の初のコラボレーションです。

SSJFZは口蹄疫清浄地区および国際基準の統合食品安全システムをベースに建設される予定で、食糧供給の統合性を確保します。

SSJFZの広さは1,450平方キロで、中心エリアは57平方キロ。吉林省、吉林市、永吉県に位置し、中心エリアは吉林省の二大都市である長春市と吉林市の間にあります。

SSJFZを管理するのは、シンブリッジと吉林市当局の合弁会社である中国-シンガポール吉林フードゾーン開発管理有限公司です。

詳しくはwww.ssjfz.com をご覧ください。




国 :
中国

都市またはゾーン :
吉林